坊主のおもい(人生はたこ焼きだ!)

自分の好きなように生きてきた。いよいよ人生の半分を越えて、振り返ればどうだろう?今までの経験を持ってすれば不可能は無いなあ!!! 山あり谷あり! 感謝!感謝!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 地球をなめたらいかんぜよ!!! | main | 田んぼの中の鳥の巣 >>

坊主殿の鮎釣り

去年は命の危険を感じていたのかやたらしんどい身体に鞭打って鮎釣りに東奔西走していたようだ。今年は健康なのだろうか?あまり鮎釣りに夢中になっていない感じだ。7月の中旬にもなるのにまだ1度しか釣行していない。それもそのはず、今年から親父の跡を継いで株の売買を始めたからかも?

ま、それはそれとして鮎の友釣りにもスタイルがあって釣り場の好みもあるから、少しは私のスタイルを紹介しましょう。私は弟と違って上手下手で分けると下手な部類に属します。釣りそのものよりも釣に行く事自体が楽しいのです。そりゃ釣れるに越したことはないですが、下手なんだから仕方ないですよ。努力もしないですし、一杯飲みすぎて地合いを逃すし、肝心なときに昼寝をしているし、それでも楽しいですね。青い空に白い雲が流れ、猫電車が走る山は緑だし、川は透き通って綺麗だし、ビールを飲みながらパイプを燻らせて居ると浮世離れしていて言うこと無し!川の好みは大きくて深いところが好きだねえ。10メートルの竿に手尻1ヒロ半とって目印は4メートル上に付けて深いトロ場を静かに釣るスタイルです。そんなスタイルだから場所を移動することはあんまりありません。
一番楽しいのは会心の釣りが出来たときです。自分が思ったところにオトリの鮎を送り込みイメージどうりに野鮎が掛かり取り込んだ瞬間はこれでもう満足。もう一点は、見ただけで美味そうな鮎がつれたときですねえ。

人生やりたいことはほとんどやってきたけど鮎釣りだけは死ぬまでやりたいね。鮎が釣れなくなった時は、何時迎えが来ても悔いは無いです。
趣味 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2698wtp.jugem.cc/trackback/133
この記事に対するトラックバック