坊主のおもい(人生はたこ焼きだ!)

自分の好きなように生きてきた。いよいよ人生の半分を越えて、振り返ればどうだろう?今までの経験を持ってすれば不可能は無いなあ!!! 山あり谷あり! 感謝!感謝!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 素直に見る日本、中国、アメリカ、世界 | main | 今年のあまご、鮎釣りは? >>

からくりの世の中

からくり、虚構、実相、汗水たらして、夜の世界、仏の世、神の世、昼の世界、明るい、遊び、イメージ、楽しい、虚構やはりここに来る。三千年ごとのパラダイム夜昼転換、破壊と創造、イメージすれば実現する、何処で?虚構の中で。時代は乱世だ!待ちに待った乱世に突入だ。おれの世界。だが実相世界ではない。虚構の中の乱世ではもがくだけだ。実がないから。
からくりは狐に合う。狐の世の中だ。でもこれは昼の世界ではない。太陽に狐は似合わない。昼に合うのはなんだろう?と言うことは未だ入り口だ。
おかしい。まだ何か駒が足りない。太陽の世界昼の世界には、うーんなんだろう?
今までは、汗を掻いて労働する実の世界、今は労働する権利の権利を売り買いする世界。それは虚構でそれを実が伴うようにするなにか?まだ過渡期?では本格突入は何時?日本ではまだだが、世界のどこかで本格的に始まっているはずだ。早く見極めないと出遅れる。あせるな!悠々として急げ!!そうだ落ち着いて、そう身体が三倍ぐらい大きくなるのを実感する。怖れるものは何もない。だが、落ちてゆくどんどん落ちてゆく。身体が重い。やはり何かが足りない。軽く軽く上に登って飛ばなくては本物ではない。我慢だ我慢しろ。内なる老廃物を全て吐き出せ。そして土木水火のエネルギーを集める。静謐のなかに魂を置いて自分の位置を宇宙の何処に在るかを確かめる。それを繰り返す。
箸やすめ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://2698wtp.jugem.cc/trackback/127
この記事に対するトラックバック