坊主のおもい(人生はたこ焼きだ!)

自分の好きなように生きてきた。いよいよ人生の半分を越えて、振り返ればどうだろう?今までの経験を持ってすれば不可能は無いなあ!!! 山あり谷あり! 感謝!感謝!
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

日本が一番住み良い!

昔ビルマ(ミャンマー)のアキャブ(シットウエー)へ添乗員で旅行した時なんだが。
戦後日本人で最初にアキャブを訪問したのは儂たちなんだ。それまで日本人は誰一人アキャブまでは行っていなかった。
ビルマのラングーン(ヤンゴン)には直行便はなくタイのバンコクで一泊しないと行けなかった。
バンコクは食べ物もプレイスポットもいろいろ有り楽しみも多く、反対にビルマは社会主義国だからそのようなものは皆無だ。翌日ラングーンに到着する段取りだ。
だからバンコクでは皆よく遊んだね。

ビルマは質素な雰囲気で、
女性の美しさだけが目の保養になる位なもんでロンジーと言うスカートはいてる姿なんかは美しさのあまり見とれてしまう。
特に若い女性はピカ一。腰から太ももに掛けては、全く贅肉がなくよく働いて動くんだろう。お尻もきゅっと締まって上がっている。スタイルは抜群だ。
ロンジーて言うのは巻きスカートで体にピッタリ巻いて身につけるもんだから体の線がはっきりわかるんだよ。

ビルマの住民は皆純朴で素直な人ばかりだ。

ビルマの寺院(パゴダ)は素晴らしい。代表的なのはシュエタゴンパゴダだろう。規模といい豪華できれいだ。一見の価値はある。
ただ、裸足になるのは参ったが。

宝石がビルマでは有名だね。ルビー、翡翠どちらも非常にきれいで質が高い。
料理は覚えていないから不味くはないね。
ビルマ人は酒を嗜まない現地では酒のことを気狂い水と呼んでいてホテル以外では売っていない。

まず、水で痛い目に合った。生水は絶対ダメでホテルの水道水も飲まず、沸騰したお湯を魔法瓶の水筒に入れて朝出発する。
沸騰しても冷めたのを飲めば腹痛になる。
その様に注意されていたので用心していた。

ところが、ホテルでウィスキーを飲むのに水は使わないが、氷を使いロックで飲んだらてき面で一晩中トイレだ。
腹痛の上下痢をしてベッドに戻ってもすぐにまたトイレだ。
仕舞に何も出ないが痛いし、寝て居られないし、ほとんどトイレだ。
次の日も同じで添乗員の仕事どころではなかったのを覚えて居る。

現地の人は強いねえ。どんな腸をしているのか不思議に思う。

儂は経験していないが、インドに行った同僚はほとんど帰国したら風土病のような調子の悪さを何週間か味わっていた。
アジアの中でもミャンマー、インド、パキスタン、バングラデシュ当たりは強烈なようだ。

ビルマは純朴ですてきな良い国だが
日本ほど良いところはないね。

箸やすめ | permalink | comments(0) | trackbacks(2)

喫煙でリラックス!

鵺坊作業机


喫煙でリラックス!

子供の頃から酒とタバコはやっていたが社会人になって
30年以上止めていた。
ところが2年ほど前に内臓を壊して医者に「治る事は無いですね」と云われた。
治らん事は無い必ず治ると考えているが、

これまでも愉快に生きてきたが、
人生130年。これからはもっと楽しく生きようと思い、

パイプを最近また燻らせ始めた。

いいねえ。リラックスできる。何を言っても体がそう感じているのがわかる。
これこそ体感だねえ。

良くないのは、「これは悪いから止めないと」と思いながらする事だよ。
これは自分にとって良い事だと思うと70兆個の細胞全てが受け入れてくれる


それ以上に心がより豊かになるとは予想外だった。

体は心に付いて来るものだと決め付けていたからな。
自然は闘いと相互扶助だ。

箸やすめ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

最高の奥様の条件

何が元気か。気は充実!心は晴ればれ!

ワシは朝は4時だろうが7時だろうが、起きればいつも腹が空いている。若いときは必ずご飯だ。みそ汁に肉を入れたり、カレー、とんかつ、ステーキ
とにかく直ぐに食べたい。それぐらい腹が空いてる。

嫌いなものは、まずいもの意外は、無い!
よく子供が、言っていたのは、親父が食べられないものは他の者なら誰も食べられないと。
ワシの奥様は料理がうまかったよ。段取りもいいし、手際よく美味しいものを早く作ってくれたねえ。
夜は何時に帰ろうが、今日は何がいい?と聞いてくれて、ワシが必ず酒を飲むもんだから真っ先に酒の肴を出してくれる。
飲んでるうちに、うまい料理を出してくれるという按配だよ。

その代わり、奥様をいろんな処へ食べに連れて行ったよ。
屋台から居酒屋、焼き鳥、小料理屋、寿司屋、会席料理などなど。
それに温泉旅行なんか。ありがたいねえ!

惚れたハレたは若いうちだけだよ。
男はやはり美味しい料理のところへ必ず帰りますねあ!

女房が美人で料理が上手なら一生離れられませんです。

世界一強くて恐くても!!!
箸やすめ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

山頭火


酔いたい 酒で酔えない 私で 落椿


箸やすめ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

旬を味わう!!!

JUGEMテーマ:趣味
最近の社会は、便利で豊かな社会と言われています。どれだけの人たちがそれを感じているでしょうか?
お金があるから物を沢山持っているから?私は、その季節、季節の旬を味わい楽しんでいる人たちこそ豊かなのでは?
冬至には柚子湯にカボチャ、小豆粥や餅で祝う! この心こそが豊かなのでは。
金はうなるほど有ります。借りた金だけど! 心は裕福。顔はニコニコ。身体は借金鳥に追われて忙しい。師走やねえ。心身ともに旬を味わい楽しんでるよー!
箸やすめ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

からくりの世の中

からくり、虚構、実相、汗水たらして、夜の世界、仏の世、神の世、昼の世界、明るい、遊び、イメージ、楽しい、虚構やはりここに来る。三千年ごとのパラダイム夜昼転換、破壊と創造、イメージすれば実現する、何処で?虚構の中で。時代は乱世だ!待ちに待った乱世に突入だ。おれの世界。だが実相世界ではない。虚構の中の乱世ではもがくだけだ。実がないから。
からくりは狐に合う。狐の世の中だ。でもこれは昼の世界ではない。太陽に狐は似合わない。昼に合うのはなんだろう?と言うことは未だ入り口だ。
おかしい。まだ何か駒が足りない。太陽の世界昼の世界には、うーんなんだろう?
今までは、汗を掻いて労働する実の世界、今は労働する権利の権利を売り買いする世界。それは虚構でそれを実が伴うようにするなにか?まだ過渡期?では本格突入は何時?日本ではまだだが、世界のどこかで本格的に始まっているはずだ。早く見極めないと出遅れる。あせるな!悠々として急げ!!そうだ落ち着いて、そう身体が三倍ぐらい大きくなるのを実感する。怖れるものは何もない。だが、落ちてゆくどんどん落ちてゆく。身体が重い。やはり何かが足りない。軽く軽く上に登って飛ばなくては本物ではない。我慢だ我慢しろ。内なる老廃物を全て吐き出せ。そして土木水火のエネルギーを集める。静謐のなかに魂を置いて自分の位置を宇宙の何処に在るかを確かめる。それを繰り返す。
箸やすめ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

広告

本物を集めたホームページ健康に生き健康に死ぬホームページ

炭と自然食をクリック下さい。
自分自身が健康でない。家族が健康でない方はぜひご利用下さい。一品一品紹介しています。
箸やすめ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

今年のあまご釣りは?

今年も渓流釣りが解禁になり、そろそろ何処の川に行こうかとワクワクしてくる季節になってきました。今年はどうなんですかねえ?
あの繊細で用心深く清流の中から飛び出してくる朱点をちりばめた華麗な魚体は?
想像しただけでも夢が膨らんできます。ああ!春だねえ.....でもまだ寒いなあ.....年かなあ?
そう言えば、昔は正月が開ければすぐに親父とハス釣りに良く行っていたなあ。仕掛けは、二軒か二軒半の竹ざおで今の長さなら3.6mか4.5mかな?道糸は0.4号くらいのナイロンでどんぐり浮きに小小のシズ付けて餌は川虫のピンピンで釣りましたねえ。まだ寒くてそんなに釣れないけど楽しかったよ。私の親父は無口で物静かなもんだから二人とも黙って釣っていたのを思い出すね。
今はそんな呑気な釣りは無いねえ。
箸やすめ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

座右の銘

一つだけが好きな言葉としてとって置きたいのだが、気が多いせいかそうも行かない。
忘れてもなんだからここに書き出しておこうと思います。

+ 姿勢   まっすぐな姿勢、前向きな姿勢、毅然とした態度をとる姿勢
+ 悠々として急げ  直前まで事を成す為に走り回っているが、何時間も前からそこに座っていたかのように
+ 勇気堂々正論を持って闘牛を貫く   恐れるものは何もない。
+ 粛々として鵺の如く   得体の知れない
+ 人生たこ焼き    円転滑脱自由無碍、今まではお好み焼きだがこれからは、たこ焼きだよ!
+ 人間は想念次第   これほど難しいものはない。そりゃそうだ自分がそう思っているのだから。これは簡単だ。そりゃそうだ自分がそう思っているのだから。
+ 光を求めよ!光は私だ!
箸やすめ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

サザンアイズ

3x3EYES
これは漫画の題名です。これがまたハマッテしまうんですよねえ!
円転滑脱自由無碍、観音様そのものです。ハイ
全てがこうであれば、まちがいなし!!!
3x3やっぱり私は単純に出来ているんでしょうねえ。

高田裕三著 講談社刊
箸やすめ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)